【VRC 軽い負荷で効果を出す】血流制限トレーニングとはそもそもどんなもの?

あなたは血流制限トレーニングというのをご存知でしょうか?

最も有名なものとして、加圧トレーニングと言えば多くの方が分かると思います。
これは、腕や脚の付け根をベルトやカフで一定の圧力で圧迫して、血液を貯めた状態で行うトレーニングです。

現在、いくつかの団体や方法がありますが、VRCとは血流制限トレーニング法の一つです。

最近では、アメリカでも独自の研究が進んできていて、またこれからのフィットネスのトレンドになるのは、間違いありません。

 

VRCトレーニングと通常のトレーニングでの違いは、通常のトレーニングでは、トレーニング協会や研究者によって違いますが、一般的に最大1回あげられる重さの70%ぐらいの重さで、8~10回を全力でできるぐらいが、筋肉を大きくするのに最適だと言われています。

これは、意図的に筋肉を破壊、傷つけて回復させ、以前と同じ負荷を与えられても大丈夫なように、身体に適応させるトレーニングです。

かなりの高重量、高負荷が必要で、トレーニングのモチベーションも高くないと、なかなかできません。

特に男性であれば、好きな方もいますが、女性や高齢者の方だと強い負荷をかければ、怪我をする可能性も高くなります。

 

しかし、VRCトレーニングは血液を貯めた状態でトレーニングをすることで、脳にハードトレーニングをしたと思いこませて、軽い重さでも効果を出すことができます。

個人差はありますが、大体、最大の重さの20%ぐらいの重さでも効果があると言われています。
筋肉を破壊するトレーニングではなく、重さも軽くて済むので、安全に効果的なトレーニングができます。

 

ではなぜ、そんな効果があるのでしょう?

それは、血流制限トレーニングとは、ホルモンの刺激によって筋肉を成長させるためです。

腕、脚の付け根を適度に圧迫すると、軽い酸欠状態になるとともに、血液が筋肉に溜まります。

その血液と一緒に乳酸が筋肉の中にたまり、乳酸が筋肉内に多くなると、ハードトレーニングをしたと脳が思い込むためです。

 

乳酸とは一般的によく、疲労物質と言われますが、この乳酸の量が筋肉の疲労の一つの目安になります。

筋肉が疲労したり、傷ついたりすれば、身体は早く修復しようとして、大脳から修復させるために成長ホルモンを大量に分泌させる命令を出します。。

この成長ホルモンには筋肉を成長させたり、脂肪を燃焼させたり、肌をきめ細かくする働きがあります。

なので、適度な圧力で一部の血管を締めることで、血液が心臓の方向へ戻っていくのを制限して、血液と共に乳酸を逃がさないようにします。

 

この血流制限トレーニングでは、受ける側のお客さんが、ある程度適当に腕を振り回しても血液がドンドン溜まっていき、筋肉が部分的に軽い酸欠になるため、乳酸が発生します。

そのため、トレーニングの経験やスキルが低くても効果が出るので、スポーツクラブや、トレーニング器具の少ない治療院や小型ジムでも人気があります。

また、軽い負荷でも十分なトレーニング効果がでるため、病院や治療院などでのリハビリでもよく利用するところが増えています。

 

しかし、この血流制限トレーニングでは、血管を締めるため強すぎると身体の奥にある動脈まで締めてしまい、場合によっては神経を強く圧迫してしまい、危険とされることもあります。

そのため、現在ある血流制限トレーニングのほとんどが、事故を防ぐため、厳密に技術の習得と理論の勉強を徹底して、試験のある資格制度になっています。

実際に、血流制限の度合いを見極めるには、締める技術、肌の色や血管の具合、絞められた時の感覚の問診などを行い、一定期間以上の練習や経験が必要です。

 

しかし、経験値や判断ミスなどにより、事故につながる可能性は残ってしまいます。

かと言って、あまりにも締めるのが緩いと効果は大幅に下がります。

 

これを解決するために、装置などでその人の最適な血流制限具合を計るものが必要とされ、VRCは開発されました。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

次回は血管についてお話しさせて頂きます。

コメントを残す